otacleの日記

孤独な地方民がセラピーのために書いている日記。

宮城県気仙沼市大島 猟師のせがれ

f:id:otacle:20170722022936j:plain

気仙沼市大島にある猟師のせがれで食べましたわ。小田の浜の横にある居酒屋で昼の部と夜の部にわかれて経営されているそうです。居酒屋だと知らずに入店したのでお通しの文字に軽く戦慄を覚えましたが、お通しは出なかったのでホッと一息。頬を撫でるサマーフリーズ。

f:id:otacle:20170722023455j:plain

f:id:otacle:20170722023611j:plain

主なメニューは丼物と麺類。大体1000円から2000円以内といったところでしょうか。わたくしは無難にミニ海鮮丼+ラーメンを注文。まあ大体こんなもんだろうという予想をしていたのですが、大きく裏切られました。

f:id:otacle:20170722024046j:plain

ミニの概念が崩れる海鮮丼にラーメンがついてきました。これで1000円って嘘でしょう……並みの茶碗の倍はある器にご飯がなみなみと入っている上に、海鮮で白いご飯が見えないんですけど。この辺のミニってこれくらいがデフォルトなんですか? わたくしの地元でこんなものを食べようと思ったら1800円を下回らなくってよ。

最初の料理を皮切りに届くわ届くわ特盛り料理。あまりにも凄いのでフレンズ達の注文した料理も撮らせてもらったわ。

f:id:otacle:20170722025732j:plain

海鮮ばくだん丼 1500円

f:id:otacle:20170722025648j:plain

ネギトロ丼 1300円

f:id:otacle:20170722025805j:plain

ふかひれラーメン!!! 1800円!!!

わたくしの海鮮丼がミニなのがよくわかりました……。海鮮ばくだん丼なんか隣でみていてエビみたいに引きましたもん。いやいやいやいや無理って。

味は無茶苦茶美味しかったですわ。でも食べている途中でお腹がいっぱいになって苦しかったです。食べ終えた後に発せられた「誰一人として幸せそうにみえない」という失礼千万な台詞がこの店の料理の凄さを物語っていると思いますわ。何事も程ほどが一番ということですわね。お腹がぺこちゃんならここはマジ最高な店なんですけど。

そんな訳で、漁師のせがれでした。やっぱり海の近くだと違うのかしらね。価格に対して量も味も圧倒的で大満足でしたわ。送迎は無料サービスですし、メニューにない料理も相談に応じてつくってくれるみたい。うーん、フレンドリー。近所に欲しい店ですわね。あったらわたくし通いまくりですわよ。

注意点はある程度お腹を空かせていくこと、ふかひれラーメンを注文した人のことは待たずに食べはじめること。以上ですわ。

宮城県気仙沼市大島 亀山

f:id:otacle:20170722020141j:plain

気仙沼市大島にある亀山へ足を運んできたわ。亀山に行くと聞いたときはてっきり登山をするものだとひゃっほいしていたのだけれど、亀山レストハウスまで車で行ってそこから展望台という超絶ヌルいコースだったのでガッカリでしたわ。ヌルいというかそれ登山じゃねえだろ。

f:id:otacle:20170722015814j:plain

f:id:otacle:20170722020321j:plain

f:id:otacle:20170722020442j:plain

f:id:otacle:20170722020533j:plain

亀山レストハウスには観光案内が所狭しと設置されていました。ご当地キャラクターの柚花ちゃん&木春ちゃんのどっちつかずな萌えっぷりがよろしいですわね。

f:id:otacle:20170722015110j:plain

f:id:otacle:20170722021156j:plain

f:id:otacle:20170722021314j:plain

f:id:otacle:20170722021230j:plain

f:id:otacle:20170722021429j:plain

f:id:otacle:20170722021510j:plain

レストハウスから数分で到着。眺めはよかったですわ。フェリー乗り場から反対側の海岸線が思いのほか近くてビックリ。

f:id:otacle:20170722021828j:plain

f:id:otacle:20170722021940j:plain

愛宕神社でぱんぱかぱーんして後にしました。わたくし的には登山口から登ったり、色々と見て回りたかったのですが集団行動なので致し方ありませんわね。野営して肉を焼くことだけを目的としている感があるので、根本的なところでわたくしの趣味とあっていない気がしてならないわ。

今回のキャンプで気仙沼市大島が行けない場所ではないことがわかったので、もしかしたら登山目的でリベンジするかもしれませんわ。

宮城県気仙沼市大島 休暇村気仙沼大島

f:id:otacle:20170721221735j:plain

宮城県湾内に位置する気仙沼大島へ行ってきたわ。2011年に起きた東日本大震災津波に飲み込まれたことは記憶に新しいですわね。

震災に関しては数多くのエピソードがあるけれど、米英海兵隊によるオペレーション・トモダチが特に印象に残っているわ。心温まる救援活動からの一転、乗組員による被爆による損害賠償請求のインパクトといったら、生涯忘れることはないわね。

f:id:otacle:20170721224056j:plain

f:id:otacle:20170721223952j:plain 気仙沼からフェリーで島へ向かいます。時間にして30分程。かっぱえびせんを目当てにウミネコがフェリーを追ってくるのがなかなか面白かったですわ。完全に餌付けされている感じからして、この辺に生息しているウミネコかっぱえびせんを追い、食べるだけで生涯を閉じているんじゃないかしら?

f:id:otacle:20170721225037j:plain

f:id:otacle:20170721225511j:plain

f:id:otacle:20170721225745j:plain

f:id:otacle:20170722003621j:plain

無事に到着。コンビニや信号機がまるで見当たらないのどかな島よ。フェリー乗り場からキャンプ場まで車で数分……というか、島の外周が22kmなので行こうと思えば何処へでもすぐに行ける感じですわ。

f:id:otacle:20170721232642j:plain

f:id:otacle:20170721232715j:plain

途中でお店に寄ったけれど、食べ物くらいしか売っていませんでしたわ。たまに来るならいいけれどここで生活するのは大変そう。買い物をするならフェリーで行き来するしかありませんし、通信販売は送料で視界が濁りそうですわ。

f:id:otacle:20170721234721j:plain

f:id:otacle:20170721235241j:plain

f:id:otacle:20170721235324j:plain

f:id:otacle:20170721235633j:plain

受付を済ませてキャンプ場へ。ホテルや常設テントサイトもあるのですが、わたくし達はフリーサイトでテントを設営しました。フリーサイト内では駐車出来ないので荷物をおろし終えたらちょっと離れた駐車場にとめる必要があります。その辺は値段也ですわね。夕方には敷地内がテントだらけになりましたわ。

f:id:otacle:20170722001331j:plain

f:id:otacle:20170722001948j:plain

f:id:otacle:20170722002235j:plain

f:id:otacle:20170722002330j:plain

設営した後、潮さいの小怪を散歩したわ。距離的には大したことはなかったけれど階段が急で昇り降りが大変だったわね。何よりも大変だったのは手入れが行き届いていないので草がボーボー。蜘蛛の巣だらけだったことだけど。木に囲まれているせいで海を視界に入れずらいですし、人気ないのかもしれないわね。

f:id:otacle:20170722002808j:plain

f:id:otacle:20170722002851j:plain

f:id:otacle:20170722002928j:plain

労せず展望台へいける地獄崎のほうが風景もよかったわ。

f:id:otacle:20170722003810j:plain

f:id:otacle:20170722003738j:plain

f:id:otacle:20170722003935j:plain

田中浜やらみちびき地蔵もキャンプ場からすぐでしたわ。

そんな訳で、休暇村気仙沼大島を利用してきたわ。風景もよかったし本土と比較すると気温が低めだったのでそこそこ快適だったわね。まあ海の近くだけあって体中が潮風でベトベトになったけれど。ここに限らず、海の近くで遊ぶ場合はキャンプなんかしないで素直に宿泊施設を利用するべきだと感じさせられたわ。

今回でいちばん楽しかったのは、帰りのフェリーね。

f:id:otacle:20170722005825j:plain

かっぱえびせんを買って乗りこんだらウミネコが寄ってくるわ寄ってくるわ。指に挟んだかっぱえびせんを上手いこと盗んでいく手腕には惚れ惚れさせられたわ。3度ほど指を嘴で突っつかれたけど、まあいいでしょう。かっぱえびせんを追って船の引き波に埋もれていくのをみると心底笑えますわ。

宿泊施設として利用するかは兎も角して、気仙沼に足を運んだらかっぱえびせんを手にフェリーに乗ることをオススメしますわ。料金は往復で1000円かからないお嬢様価格ですし、飼育員気分を味わえて楽しいですわよ。

岩手県盛岡市 イオンモール盛岡南 BISTRO309

f:id:otacle:20170709224356j:plain

「肉を食って帰るぞ!」って気分だったので、以前イオンモール盛岡で見かけたお店を所望したところ。何故かイオンモール盛岡南に駐車されたのでビストロサンマルクで食べてきましたわ。一階を一通り見た感じではここくらいしか肉って感じのお店はありませんでしたわね。

f:id:otacle:20170709225541j:plain

店内に入ると焼き立てパンが出迎えますわ。内装的には肉食店というよりはベーカリーショップ風のレストランといった感じでしょうか。店内には女性と家族連ればかりでしたわね。あまりにもアウェイ過ぎた為か入り口に立ってしばらくしても案内すらしてもらえませんでしたわ。

f:id:otacle:20170709230446j:plain

f:id:otacle:20170709231356j:plain

メニューは大体最低ラインが1000円で、まともに食べようとすると2000円程度ってところ。抱いた印象は高い。そして帰りたいでしたわね。フレンズがショーウィンドウ内で目を付けたローストビーフ丼が売り切れでしたし、メニューをぱらぱら捲っても週変わりメニューばかりで注文出来ない料理が少なくなかったわ。

f:id:otacle:20170709231244j:plain

どれにしようか……というよりは、どれでもいいやという感じ。バターチキンカレーに惹かれつつも肉目当てにはいったことから牛リブロースステーキを注文、追加料金でパン食べ放題やライスお代わり自由がありましたがそれは注文しませんでした。

f:id:otacle:20170709232820j:plain

f:id:otacle:20170709232844j:plain

届いた料理はぱっと見で物足りない。その辺にあるファミリーレストランの皿よりも小さめで、盛り付けもそこそこ。どうもお代わり前提の盛り付けをしているみたいですわね。まあ人間は省エネなのでこれくらいが適量なのかもしれませんけど。

味はふつーでしたわ。添えられているのが玉ねぎとポテトだけですし、量も少なめなので値段のことを考えるとコスパ悪すぎ

サービスもいまいちでした。入店時の案内がやたら遅かった時点でちょっと微妙な印象を受けたのだけれど、水がセルフサービスの上にそれを教えてくれなかったり、注文の失念までされるという体たらくにむーん……。

極めつけは無言でアンケート用紙をレシートと一緒に置いていくという対応ですわね。何がアレって、ちかくにいた女性客にはアンケートの記入を口頭でお願いしておいてわたくし達にはこれってこと。粗相をしてしまった客に記入させないのはちょっと意識低すぎなのでは?

そんな訳で、高い割にはいまいちな店という印象しか受けなかった。パン食べ放題を目当てに長時間居座るのならいい店なのかもしれないけれど、そうでないのなら選択肢としては“ない”ですわね。食べたら速攻で店を出るようなウォリアーは間違っても入店してはいけない場所でしてよ。

岩手県北上市 江釣子ショッピングセンター『パル』 Atlanta Cafe

f:id:otacle:20170708224057j:plain

江釣子ショッピングセンターパル正面口左側にあるアトランタカフェに入ってきたわ。なんか意識高い系だったので入店が憚られたのだけれど店内にはひとりで満喫しているおばちゃんくらいしかいなかったので挑戦してみることに。

f:id:otacle:20170708224440j:plain

f:id:otacle:20170708224628j:plain

店に入らずとも大体の値段がわかるのはよろしいわね。外観からして高そうだと回れ右して帰るわたくしとしては有難いですわ。

f:id:otacle:20170708225036j:plain

店内はモダンな雰囲気。色んな種類のテーブルがありましたが、ターゲティングしているのはカップルや女性の一人客なのでしょうね。二人用の小さいテーブルが多かったですわ。

f:id:otacle:20170708225418j:plain

f:id:otacle:20170708225442j:plain

メミューの平均予算は1000円くらい。ハンバーグ系とパスタ系のプレートメニューが主力。あとはデザート類に絞られていましたわ。メニューを少なくすることで値段を抑えているのかしら。素人なのでよくわかりませんけど。ちなみにテイクアウトもあってよ。

わたくしはハンバーグセットを注文。トマトソースイタリアンハンバーグとピラフのセットにしたわ。飲み物はオレンジジュース。

f:id:otacle:20170708230122j:plain

テーブルいっぱいにドーン。これで税込み1150円はお嬢様価格ですわね。

味は最高でしたわ。野菜独特の甘さとトマトの酸味の融合したソースは食欲をそそりますし、添えられているサラダも美味しかったですわね。わたくしお嬢様ですけど、お金がなくて普段野菜を食べられないのでとても新鮮で瑞々しい気持ちになれましてよ。

ピラフももちろん美味。洋食屋のピラフというよりはラーメン屋の炒飯って感じでしたけどお口を幸せにしてくれるのだから何でもいいわね。ぱっと見た感じでは物足りないかも……と感じたけど、実際に食べてみると適量。無事にゲフー出来ましたわ。

これで1150円は安いですわ――と、ニッコニコでお会計したところで「1350円です」といわれたのにはホゲりましたけど。

合点がいきませんでしたが、レシートをよくみたらセットメニューにはドリンクが含まれていないのにわたくしが注文していたというオチでしたわ。黙ってお会計をして本当によかったですわ。店は悪くありません。わたくしも悪くないですが。

そんな訳で、アトランタカフェでした。店の雰囲気からして完全に異物のわたくしに食事を提供してくれる素晴らしいお店でしたわ。店内に客がいなかったらまた入店したいですわね。ちなみにクレジットカード使えますわ。レジ周辺に何も記載されてませんけど。

岩手県北上市 珊瑚岳

f:id:otacle:20170708202833j:plain

岩手県北上市にある国見山に登るために行ってきたわ。桜の名所「展勝地」に隣接する丘陵地にあり、山岳仏教の史跡が点在するハイキングコースらしいわね。今回は単独登山なので簡単そうなところを選んだの。

取り敢えず、事前に仕入れた国見山廃寺跡を目指したのだけれど山道に車ではいるのが怖くなったので引き返して展勝地からいこいの森へ足を運ぶことにしたわ。

f:id:otacle:20170708195453j:plain

f:id:otacle:20170708203757j:plain

f:id:otacle:20170708203842j:plain

奥の細道というコースがあったので道なりに進むことにしたわ。

f:id:otacle:20170708204338j:plain

先に進むと展望台が。

f:id:otacle:20170708204430j:plain

いい景色でしたわ。この日は焼け付くような暑さだったので正直この時点でやめようかとも思いました。ただまあ、ここで帰ったらちょっとへたれっぽいので頑張って先に進むことにしましたの。私事ながらそのうち見栄で死にそうですわ。

f:id:otacle:20170708210244j:plain

よくわからなかったので遊歩道入口から国見山へ登ることに、しかしこれは大きなミステイクでしたわ。後になって気付いたのですが、こちらは国見山ではなく珊瑚岳へ道でしたの。本来通りたかったルートの逆だったわ。

f:id:otacle:20170708210811j:plain

f:id:otacle:20170708210951j:plain

f:id:otacle:20170708211046j:plain

亀の子岩からの景色はなかなかよかったですわ。しかし、この時点で精神的にはかなり参っていました。暑いではなく熱いでしたし、単独登山だったのもあって物音がするとかなりドキッとなる羽目に。東北6県はここ近年熊による被害が増加しているのよ? こわすぎですわ。

山に登らなければこんな思いしなくて済むのだけれど。

f:id:otacle:20170708213803j:plain

f:id:otacle:20170708214511j:plain

近くにみちのく民族村までの道があったのでここから帰ろうとしましたが、珊瑚岳までの看板が出てきたのでもうちょっと進んでみることに。この辺りから動物の唸り声のようなものが聞こえて若干死を覚悟したわ。

f:id:otacle:20170708214950j:plain

f:id:otacle:20170708215113j:plain

なんとか珊瑚岳に到着。なんだかんだで要所要所で展望台みたいになっていたので期待していたのですが周りは木に囲まれていて眺めも糞もありませんでしたわね。標識を見つけるまでただの行き止まりにしか見えませんでしたし。

f:id:otacle:20170708215514j:plain

木がいっぱいでいい景色ですわね。ええ、素晴らしい木ですわ……。

f:id:otacle:20170708215840j:plain

更に先に進めば国見山展望台だったのだけれど、状況的に帰れるかどうか怪しいところだったので大事を取って下山することにしたわ。

f:id:otacle:20170708220802j:plain

f:id:otacle:20170708220845j:plain

f:id:otacle:20170708221218j:plain

里山コースから県道14号に。国見山目当てならここからぐるっとコースへ行けば無理なく行けたのでは……と呆然と失禁しました。まあ、ろくに予定も立てずに行けばわかるさで登山したわたくしの自業自得ですけど。

そんな訳で、珊瑚岳に登りました。当初の予定である国見山は登頂出来ませんでしたが珊瑚岳まではいったので引き分けということで勘弁してさしあげてよ。登山道というよりはハイキングコースといった感じの山でしたが、今回は日が悪かったとしか言いようがありませんわね。登山どころか外出がしんどい日でしたわ。

今度国見山を目指すときはもうちょっと涼しい日を選ぼうと思います。7月と8月は厳しいかもしれませんわね。流石に今日は堪えましたわ。

岩手県八幡平市 道の駅にしね

f:id:otacle:20170702230439j:plain

岩手県八幡平市にある道の駅にしねに立ち寄りましたわ。事前に鞍掛山の近隣の飲食店を探した結果、ここの『ほうれん草カレー』がなんだか面白そう。モテっぽい。とのことで、普段は「どこでもいい」というスタンスで相手のチョイスにあわせる寛大なわたくしが、珍しく自分から誘ってみましたの。

f:id:otacle:20170702230916j:plain

f:id:otacle:20170702231531j:plain

f:id:otacle:20170702231041j:plain

f:id:otacle:20170702231126j:plain

――食べログで見たのと違う。どうもわたくしが興味をもったのは期間限定の雪だるまカレーだったみたい。是非もないので券売機でほうれん草カレーの食券を買って店員さんに渡しましたわ。

f:id:otacle:20170702231501j:plain

するとほうれん草カレーがテーブルにおかれました。

美味いの不味いのはよくわかりませんが、わたくしの口には合いませんでしたわね。ほうれん草のペーストに辛味成分を混ぜたゲルって感じで、カレーだと思って口に運ぶとクエスチョンが浮かぶこと請け合い。カレーライスというよりは辛味のある生暖かい青汁ライスでしたわ。

味以上にビジュアル面の問題でギブアップ。残そうとしたところ、フレンズが食べてもいいというので処分していただきました。人がぐちゃぐちゃにしたカレーライスなんかよく食べられるなあとマジで感心しましたわ。

f:id:otacle:20170702235308j:plain

そんな訳で、ほうれん草料理が怖くなってしまったわたくし。当初はほうれん草ソフトクリームを食べる予定でしたが断念してマンゴーソフトを注文してしまいました。

f:id:otacle:20170702235441j:plain

こちらは如何にもマンゴーって感じの口当たりのいいソフトクリームでしたわ。ここ数年になってマンゴーがやたらプッシュされている印象だけど、どういった利権が働いているのかしら。いいけれど。

f:id:otacle:20170703000254j:plain

f:id:otacle:20170703000400j:plain

f:id:otacle:20170703000225j:plain

f:id:otacle:20170703000451j:plain

物産コーナーの主戦力は八幡平系列のお菓子だった印象。小岩井農場の近くだからか乳製品がやたら豊富でしたわね。美味しそうだったのだけれど値段がちょっと高めなのと今後の予定がいまいち読めなかった為、断念いたしましたわ。

そんな訳で、道の駅にしねでした。施設は立派だし、出店が出店されていたりと活気が感じられたわ。次の機会があれば今度こそほうれん草ソフトクリームに挑戦したいところね。