読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

otacleの日記

孤独な地方民がセラピーのために書いている日記。

夜明け前より瑠璃色な 備忘録06

鷹見沢菜月ルート終了。進学による別離や級友の遠山翠によるアプローチを経て、互いに意識するようになった二人が幼馴染から恋人へと関係が変わるまでが描かれる。

他キャラと比較すると枷が少ない分、よく出来た萌えゲーだった。菜月は可愛いし、周囲の人間が冷やかしつつも出来る限りのサポートを主人公にしてくれるので胸が温まる。他ヒロインが大っぴらに付き合える関係でなかっただけに、無条件で祝福してもらえるこのシナリオは清涼剤だった。

f:id:otacle:20170121170705j:plain

ただまあ他シナリオで、月と地球の関係のように、近くにあるようで手が届かない存在との困難な恋愛を描いている分、普通の幼馴染シナリオ過ぎたかな……と思わないでもない。進学を機に離れ離れになることを悲壮感たっぷりに描かれてもねえ。小学生や中学生の転校とはわけが違うぞ。

気になったのは遠山さんの扱いかなあ。

f:id:otacle:20170121172811j:plain

恋敵……というよりは、主人公と菜月を動揺させるために使い捨てられた感じがしてただただ可哀想だった。自分の気持ちを自覚した主人公にデートを断られて、以降は出番なしってのはちょっと……。

よくわからないんだけど、この子ってフィーナが来る以前から主人公を意識していたのかしら。そう思うと、他ヒロインルートでは噛ませにすらなれなかったのか。切ない。まあ、麻衣が他ヒロインルートでおくびにも出さないで応援してくれる辺り、遠山さんの恋心も菜月シナリオ限定かもしれないけど。

おじさん的には物語開始時点で主人公に好意を抱いているキャラには、他ヒロインルートでもそういう一面を見せて欲しい。顔で笑って心で泣いて……みたいなイベントでご飯三杯はいけるのだが、この作品はそういったイベントがないのが残念。まあ、ストレスフリーにするために敢えてそうしているのかもしれないが。

何はともあれ、よかったぜ。ああ最後に。

f:id:otacle:20170121175706j:plain

このフェイスウインドウの立ち絵は用意して欲しかった……!

「ふぁあああああああぁぁぁぁぁぁぁっ!」